脳の柔軟性を高めるために再起動させるリセットボタンの見つけ方

脳の柔軟性を高めるために再起動させるリセットボタンの見つけ方 メンタル
この記事は約6分で読めます。

脳の柔軟性とは、もはや自分のためにならないパターン、習慣、偏見、限界を取り除き、「再起動」する能力です。

人生を通して、脳は経験によって形作られています。

このプロセスは神経可塑性と呼ばれ、思考や感情を繰り返すたびに神経経路が強化され、信念の形成、好き嫌いの形成、自分に課す制限の作成、意識的・無意識的な偏見の強化につながるのです。

コツはリセットボタンの押し方を知っていることです。

その方法をご紹介しましょう。

脳を再起動させる方法

再起動するための最初のステップは、脳の処理方法に関することが、自分の望むような人生を生きるためにサポートされていないことを認識することです。

それは、完璧主義が強迫観念の域に達しているかもしれませんし、子供の頃から持っていた意見が、あることをきっかけに否定されたのかもしれません。

一度疑問を感じ始めたら、リセットボタンを押すために行動を起こすことができるようになります。

多くの物事がそうであるように、脳もまた、生まれつきのものと生活する過程で育っていくものの両方が関係しています。

遺伝的なものもあれば、環境的なものもあります。

遺伝子の働きに関するすべてが生まれながらにしてプログラムされているわけではありません。

実際、環境は遺伝子に影響を与え、変化させることができます。

遺伝子をコンピュータのハードウェア、身体的・精神的・感情的環境をその性能に影響を与えるソフトウェアと考えれば、突然パターンを変えることはずっとシンプルに思えるでしょう。

ここでは、再起動ボタンを押すための簡単で効果的な方法をいくつかご紹介します。

良質な睡眠をとる

睡眠は、脳をリセットする最も強力な方法だと言えるでしょう。

シナプス(神経がつながる場所)は、起きている間に刺激を受けると大きく強く成長し、夜には最大20%縮小して、夜にさらなる成長と学習のためのスペースを作るそうです。

十分な睡眠がとれないと、この一晩の収縮率が低下し、翌日の成長能力に影響を及ぼします。

良質な睡眠を確保するためのヒントやアイディアは次のようなことです。

  • 寝室は暗く、静かに、涼しく保つ。
  • 就寝の30分前からスマホなどの電子機器を使用しない。
  • スマホは寝室に置かない。
  • 午後2時以降はカフェインを含むものを食べたり飲んだりしない。
  • ベッドで仕事をしない。ベッドは睡眠専用にする。
  • ベッドの上でペットを飼わない。
  • 寝る前にお風呂に入り、心と体をリラックスさせる。
  • パジャマは眠りを誘う。
  • 軽いストレッチや深呼吸、ヨガ、瞑想などをして、身体と心が安らかな眠りに移行できるようにする。
  • ベッドで読書をするときは、本物の本か、ブルーライトを出さない電子書籍にする。
  • カモミールティーやラベンダーティーを飲んで、睡眠モードへの移行を楽にする。
  • 寝る前に、感謝していることをリストアップする。

手軽にできる運動を始める

1回30分の運動が記憶力や学習能力を向上させ、脳をより柔軟にすることが明らかにされています。

また、毎日20分間集中することが幸福感と生産性を高めるとも言われています。

いきなり激しい運動をすることはできないかもしれませんが、例えば次のようなことから始めてみてはいかがでしょうか。

  • 犬の散歩
  • ヨガ教室に通う
  • ハイキングに行く
  • 水泳をする
  • ゴルフをする
  • 卓球をする
  • 子供と鬼ごっこ

運動が楽しいと感じられるほど、継続できる可能性が高まります。

瞑想する

マインドフルネス瞑想が、注意、感情、自己認識の調節に関わる脳領域の構造と機能に神経可塑的変化を引き起こすかもしれないと言われています。

瞑想の利点は以下の通りです。

  • より集中した注意力
  • リラクゼーション
  • 気分のポジティブな変化
  • 自己認識の向上
  • 健康や幸福感の向上

音楽を聴く

音楽は、学習と集中のために脳を活性化させます。

仕事中に好きな音楽をバックに流すと、より簡単に集中することができるという人が多いです。

音楽を聴くことで脳波の周波数が下がり、学習や分析、最高のパフォーマンスを発揮できる状態になるのです。

ゾーンとは、電気的な活動が低下し、ノルエピネフリンやドーパミンなどのいわゆる快感物質が増加するときに起こる精神状態のことです。

腸を整える

脳は腸の鏡だとも言われています。

うつ病や不安神経症、霧がかかったような状態なら、腸に何が起こっているのかを知るべきでしょう。

腸は、脳を幸せにし、うまく機能させるための神経伝達物質を作り出しています。

腸を整えれば、脳も変わるはずです。

脳の機能を最適化するために、腸を整えるには次のことを試してみましょう。

  • ストレス、アレルゲン、病原体を取り除く。
  • 消化酵素を摂取して、不足しているものを補う。
  • プロバイオティクス、プレバイオティクス、発酵食品で再摂取する。
  • 良質な栄養で腸内環境を整える。

自然の中で過ごす

外で過ごす時間は、ストレスや反芻を減らし、創造性、つながり、ポジティブな感情を高めるなど、脳に影響を与えるという証拠が科学的に明らかにされつつあります。

犬の散歩、ハイキング、サーフィン、ガーデニング、ビーチサイドでのんびりすることは、脳をポジティブに変えてくれるのです。

ポジティブな感情を優先する

思考は現実につながっています。

感情は、気持ちの良いものとそうでないものに分けられます。

不快な感情を避けることが目的ではなく、それは非現実的であるだけでなく、不健康なことでもあります。

良好な精神的健康にはあらゆる感情が含まれ、ポジティブな体験がネガティブな体験を上回るとされています。

最もよく研究され、経験されているポジティブな感情は以下の通りです。

  • 喜び
  • 感謝
  • 平穏
  • 興味
  • 希望
  • 誇り
  • アミューズメント
  • 感動
  • 畏敬の念

このリストに目を通すと、おそらく人生のほとんどの経験に適したポジティブな感情があることがわかるでしょう。

脳をリセットするために、感情に関する思考をリフレーミングすることを試してみてください。

例えば、交通渋滞に巻き込まれたとき、イライラと名付ける代わりに、最悪の事態を切り抜けられるという希望を持ってみてください。政治的な議論をしているときは、相手の意見に興味を持つことを考えましょう。

このようなポジティブな感情を構築することは、ネガティブな感情を排除することではなく、ネガティブな感情をより早く乗り越え、その影響を枯渇させるのではなく、効果的にするための力を与えることです。

おわりに

何かがうまくいかないとき、リセットや再起動がすべてを解決することが多いことを知っています。

脳を再起動させてみてください。

上記のアクティビティから1つを選びます。

アクティビティを完了する間、その場にとどまります。

そして、リセットしたことによって、アップグレードのためのスペースができたと感じられるかどうか、確かめてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました