ビジネスにおける会社や組織メンバーのモチベーションを高める方法

ビジネスにおける会社や組織メンバーのモチベーションを高める方法 ビジネススキル
この記事は約4分で読めます。

モチベーションとは、メンバーのやる気を上げて高めることができ、その結果としてメンバーは最大限の貢献をすることができます。

目標の設定と達成、明確な期待、評価、フィードバック、励ましなどを実施するマネジメントのすべてが、職場のモチベーションを高めることに貢献します。

ポジティブな職場環境でこそ、モチベーションは高まるものです。

だからこそ、多くのリーダーが、メンバーのモチベーションを高めるための新しい方法を学びたいと考えているのです。

メンバーが何を求めているかを知る

メンバーが何を求めているかを知る

モチベーションは一人ひとり違うものです。

その人がなぜ働くのか、という動機も人それぞれです。

少なくとも、働く人のほとんどは仕事から必要な何かを手に入れるために働いています。

仕事から得られるものは、やる気やモチベーションに影響があります。

メンバーが何を求めているかを知ることは、職場のモチベーションを高めるための次のステップを策定するのに役立ちます。

現実的な目標を設定する

現実的な目標を設定する

どうすれば、関係者のモチベーションを高めることができるのでしょうか。

社員が個人またはグループの目標を達成する可能性を最大限に高める職場環境を整えることで、モチベーションを上げることができますね。

やる気を起こさせる職場環境とは、メンバーが何を求められているのかを知るために、明確な方向性を示すことです。

明確な方向性に加えて、メンバーには会社の戦略的な枠組みに合った目標が必要です。

メンバーのポジティブな自尊心を促進する

メンバーのポジティブな自尊心を促進する

自尊心の高いメンバーは、モチベーションを高める職場をつくるために、積極的に活動して成果を上げています。

自分のアイディアや能力に自信があるため、職場環境を継続的に改善し、高いパフォーマンスを発揮しながら新しいチャレンジに挑みます。

そんな自尊心の高いメンバーは、職場で輝いており、自分の貢献能力に自信があるため、進んでチームのために働きます

モチベーションの高い職場環境は、メンバーの自尊心を高めます。

そして、メンバーは自分が劣っているのではなく、有能であること、能力があること、評価されること、貢献していると、すべてがポジティブに感じるようになるのです。

自尊心の要素について

自尊心の要素について

ここで、自尊心について少し掘り下げます。

自尊心や自己肯定感を高めるにあたり、自尊心の内容を以下に分類します。

  • 包み込まれる感覚:周囲から愛され、包まれている
  • 社交性の感覚:関係者と話が通じる
  • 勤勉性の感覚:自分は頑張ることができる人間だと自覚する
  • 自己受容の感覚:自分のことが好きだということ

この4つの感覚が持てるように、様々な工夫をしてみましょう。

包み込まれる感覚

誰かに愛されている、という感覚は大切です。

周りの人から愛してもらえるように努力しましょう。

社交性の感覚

積極的に話しかけたり、イベントや会合に参加したり、同じ思いを持つ人々が集まるところに参加するのも良いかもしれません。

勤勉性の感覚

がんばりすぎはいけませんが、がんばることは大切です。

人より早く出社すること、困難な仕事をあえて引き受けることが、自尊感情を高めるきっかけになるかもしれません。

がんばっているね、と言ってあげることも効果的です。

自己受容の感覚

性格、能力、特徴など、自分の良いところを数えてみましょう。

また、世話になった人のことを思い出してみましょう。

自分が大切にされていた記憶がよみがえると、自分が好きになります。

ねぎらいのためメンバーを表彰する

メンバーのモチベーションを成功させるポイントになります。

メンバーの上司や職場に対する満足度の要因として、メンバーへ表彰することで信頼が続いていくものです。

優秀な社員には自主性を持たせる

どのような職場環境においても、メンバーが仕事に対してモチベーションを持てるような文化を創造することは、大きな課題です。

組織が大きくなると、メンバーにとって最も重要な問題である人間関係、コミュニケーション、認識、関与に注意を払うことができなくなってしまいます。

優れた成果を出しているメンバーには、自主性をさらに持たせて活躍できるような環境づくりが大切です。

おわりに

職場の文化や環境がいかにポジティブであっても、個人の成長やモチベーションを促進する主役は自分自身です。

退屈したり、惰性であったり、停滞することを克服するために、自分自身の成長、モチベーション、キャリア開発を促進することができます。

自己成長とモチベーションの向上ができるような職場環境をつくることが何よりも大切です。

リーダーという立場であれば、いかにモチベーションを高めることができる職場を作れるかを常に考えて行動しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました