仕事におけるコミュニケーションスキルは就職や転職で役立つ

仕事におけるコミュニケーションスキルは就職や転職で役立つ ビジネススキル
この記事は約5分で読めます。

コミュニケーションというと、簡単なことのように思えるかもしれませんね。しかし、いろいろな立場の人とコミュニケーションをとった経験が少ない人は、コミュニケーションをとることが難しいということを知らないのです。

多くの職場は、顧客や同僚の話を聞いて対応することができるリーダーを必要としています。文章と言葉のコミュニケーションスキルに優れた人が求められているのです。

コミュニケーションスキルの種類

コミュニケーションスキルの種類
コミュニケーションスキルの種類

コミュニケーションスキルには、主にライティングコミュニケーション、バーバルコミュニケーション(言語コミュニケーション)、非言語コミュニケーション、コンフリクトマネジメントの4つがあります。それぞれ説明します。

ライティングコミュニケーション

文章を上手に書くことは、プロフェッショナルとしての大きな要素です。

文章が下手だと、アイデアや情報の交換の効率が悪くなるだけでなく、知性のない人に見えてしまいます

明確で読みやすい文章は、よく整理され、わかりやすく、簡潔であるため、ライティングスキルを伸ばすことで、より良い話し方や考え方を身につけることにもつながります

主にライティングコミュニケーションを必要とする要素は次のとおりです。

バーバルコミュニケーション(言語コミュニケーション)

バーバルコミュニケーションとは、言語で相手に伝達を行うコミュニケーションのことで、言語コミュニケーションとも言います。

口頭でのコミュニケーションスキルは、人と接する職場で働く人や、電話を多用する仕事をする人にとって必要です。

営業やカスタマーサービス、広報などの職種では、口頭でのコミュニケーションスキルが最も重要となりますが、上司や同僚と対面する機会がある人は、自分の意見をはっきりと簡潔に表現する必要があります。

バーバルコミュニケーションで必要な要素は次のとおりです。

  • 明瞭さ
  • 簡潔さ
  • 納得させること
  • 説明すること
  • ネゴシエーション
  • 説得力
  • プロモーション
  • パブリック・スピーキング
  • プレゼンテーション
  • 電話応対

非言語コミュニケーション

非言語コミュニケーションには、声のトーンやアイコンタクト、ボディランゲージなどが含まれます。

非言語コミュニケーションは、言語コミュニケーションよりも重要であり、信頼関係や信用に大きな影響を与えます

自分をうまく表現するために必要なスキルを身につけましょう。

非言語コミュニケーションで必要な要素は次のとおりです。

  • 自信をもつ
  • 表現力
  • アクティブリスニング
  • 頭の回転が速い
  • 可視化する
  • 問題意識
  • エモーショナルインテリジェンス

コンフリクトマネジメント

コンフリクトマネジメントとは、組織内での対立を前向きにとらえて問題解決を図ることです。

親しみやすさ、礼儀正しさ、そして尊敬できる人がらは、信頼関係を築き、コミュニケーションを向上させるために大切な要素です。

必要に応じて、「お願いします」「ありがとう」「申し訳ありません」と言うようにしましょう。そして、相手の様子を伺いながら、その発言に耳を傾けることも忘れないようにしましょう。

職場が多様化するにつれてコンフリクトマネジメントはますます求められるコミュニケーションスキルです。

コンフリクトマネジメントが必要な要素は次のとおりです。

コミュニケーションツールを使いこなす

コミュニケーションツールを使いこなす
コミュニケーションツールを使いこなす

コミュニケーションツールには、面着での会話、チャット、電子メール、電話、テキストメッセージ、ビデオなどがあります。

それぞれのツールには利点と欠点があり、伝えようとするメッセージによって違った印象を与えたりします。そして、メッセージによっては特定のメディアに適したものがあります。

メッセージによっては、特定のメディアに適したものがあります。

例えば、多くの人は悪い知らせは直接会って伝えることを良しとします。

しかし、メディアの違いによる反応も、人によって大きく異なります。

例えば、文章でのコミュニケーションに自信がない人は、電話で話すことを好みます。
一方で、メールのようにゆっくりじっくりと考えるのが好きで、電話は避けたいという人もいます。

自分の好みはありますが、どんな状況でも相手の好むメディアを見極めることができるのも、上手なコミュニケーションの一部です。

うまくコミュニケーションをとることは見落とされがちな能力のひとつですが、それがある人はない人に比べてかなり優位に立てます。

自分のスキルをアピールする方法

  • 履歴書に関連するスキルを追加する

求人内容を読みながら、具体的な資格やスキルに注目し、そのキーワードを履歴書に盛り込みましょう。

  • 補足資料(カバーレターなど)でスキルをアピールする

時間をかけて、その仕事に最も関連するスキルに焦点を当てた、質の高い補足資料(カバーレターなど)を書きましょう。

  • 面接の事前準備をする

さまざまな環境で人と話すことに抵抗はありませんか?

もし、それが苦手だとわかっているのなら、事前に面接の準備をするようにしましょう。

おわりに

どの職場でも優れたコミュニケーション能力が期待されています。

職種によっては、メンバーや上司や顧客と、面着やオンライン、電話などで効果的にコミュニケーションをとる能力が必要とされます。

応募書類や面接では、コミュニケーション能力がこれまでの経験でどのように実証されたか、能力の高さをアピールすると効果的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました