パートナーと一緒に寝る/ベッドを共有することが睡眠に与える影響

パートナーと一緒に寝る/ベッドを共有することが睡眠に与える影響 睡眠
この記事は約5分で読めます。

パートナーとベッドを共にしている間、なかなか寝付けないということはないでしょうか?自分のベッドに他の人がいることに慣れるのは大変なことで、朝から落ち着かない気分になるかもしれません。

では、その問題を解決するためにできることを見ていきましょう。

睡眠が健康には重要であり質の高い睡眠が必要です。これは、誰かとベッドを共にしていても同じことです。質の良い睡眠は、パートナー同士の健康にも、二人の関係にも欠かせないものです。

一緒に寝ることが難しい理由

一緒に寝ることが難しい理由
一緒に寝ることが難しい理由

他人とベッドを共にすることは親密なことです。一人で眠ることに慣れている人にとっては、大きな適応期間となるかもしれません。実際、パートナーが自分の睡眠を妨げたり、自分がパートナーの睡眠を妨げたりすることがあります。

ある人が相手の睡眠を妨害することには、次のようなものがあります。

  • 大きないびき
  • 眠りが浅い(寝返りを打つ、またはベッドの上でよく動く)
  • 好みの温度が違う
  • 睡眠サイクルやスケジュールが異なる
  • 子供がいて、一緒に寝たがる

睡眠不足は、パートナー同士をイライラさせたり、疲弊させたりします。それを解決しましょう。

パートナーとより良い睡眠のために

パートナーとより良い睡眠のために
パートナーとより良い睡眠のために

ベッドを共有することが難しくなったり、不快に感じたりしているのなら、我慢しないでください。寝心地や相手が悪くても必ず解決策はあります。

大きめのマットレスを用意する

フルベッドやツインベッドは、1人で使うには十分な広さですが、平均的な体格の大人2人が使うと、少し狭く感じられるでしょう。クイーンサイズのマットレスは、一人がゆったりと寝られるので、カップルに人気があります。

新しいマットレス選びは、自分が何を求めているのかが分からないと、大変な思いをすることになります。同棲や結婚を機に、大きめのベッドやマットレスを購入することを選択するカップルは少なくありません。

いびきの問題を解決する

いびきは、パートナー間の最も一般的な問題です。いびきをかくパートナーは、自分の眠りを妨げるだけでなく、相手が夜間アレルギーや閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)などの基礎的な睡眠障害である可能性があります。

パートナーがいびきをかく場合には、耳栓やノイズキャンセリング対応のイヤホンをして寝るようにしてみましょう。

いびきをかく人は、横向きで寝ることで気道を確保したり、鼻孔を開くために、鼻孔拡張器などを使ってみたりしましょう。

自分のスケジュールに合わせて睡眠をとる

お互いどちらかが通常の勤務時間外に働いている場合、同じ睡眠スケジュールになるとは限りません。

また、朝型と夜型というように、異なるクロノタイプの可能性があります。クロノタイプは、サーカディアンリズムと密接に関係し、理想的な目覚めと眠りの時間を決めています。

それぞれのクロノタイプに合わせて睡眠をとり、毎日を過ごすことは、2人が十分な休息をとり、活動的に過ごすことにつながりますが、クロノタイプが正反対の場合、これは難しいことです。しかし、睡眠時間が異なっていても、質の良い睡眠をとることは可能です。パートナーと一緒に眠りにつくことは素晴らしいことですが、自分の理想的な睡眠スケジュールを無視すると、二人とも疲れ、消耗し、イライラすることになります。

寝る時間が違う場合は、ベッドに入るとき、出るときにパートナーを起こさないように気をつけましょう。もし、自分が先に起きてしまったり、逆に相手が先に起きてしまったりした場合は、相手の寝起きに合わせるようにしましょう。

お互いに寝る姿勢を試す

パートナーとの快適な眠りには、正しい寝る姿勢があるかないかということが大きく影響します。自分にとって快適な体勢はわかりますが、二人で一緒に居眠りできる快適な体勢を見つけるようにしましょう。

パートナーとのコミュニケーション

どんな関係でも、コミュニケーションは大切です。問題を放置しておくと、恨みや不満を募らせることになりかねません。

どちらかが早く/遅く寝る場合は、アイマスクや耳栓を使うことで、パートナーの邪魔にならないようにすることができます。

どちらかが暑がり/寒がりの場合は室温の妥協点を見つけましょう。また、どちらかが寒がりなら、布団を多めに重ねればよいでしょう。暑がりな人は布団の枚数を減らすようにしましょう。

コミュニケーションをオープンで公正に保つ限り、二人は安心して過ごすことができます。

寝室をより眠りやすい環境にする

寝室を少し工夫することで、二人の眠りをより良いものにすることができます。寝室をより良い環境にしましょう。

ベッドには薄手のシーツ、薄手の羽毛布団、薄手の毛布を使用しましょう。二人の身体は多くの熱を発生するため、このようにすることで、どちらのパートナーも熱くなりすぎないようにすることができます。

もし、パートナー同士の好みが違う場合は、カバーを2枚に分けて使うことも検討してみてください。

寝る前の読書、デバイスの使用、外の光が入るなど、パートナーが光を使用によって自分が眠れない場合は、アイマスクをしましょう。

耳栓は、いびきや周囲の音で眠れなくなるのを防ぐのに便利です。

パートナーと快適に眠れない場合

パートナーと快適に眠れない場合
パートナーと快適に眠れない場合

お互い睡眠障害を起こすようであれば、必ず睡眠障害を取り除くようにしてください。睡眠障害は、当人だけでなく相手にも結果として睡眠が浅くなることがあります。

できるだけ早く睡眠の専門家やお近くの睡眠センターに連絡し、検査を受けて、治療の選択肢を確認しましょう。閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)不眠症などの疾患は、身体的・精神的に多くの問題を引き起こす可能性があるので、早く治療を受ければ受けるほど、より良い睡眠が得られるようになります。

他人とベッドを共にすることは親密で素晴らしいことですが、それにはある程度の妥協が必要です。お互いが率直かつ誠実にコミュニケーションをとっていれば、ベッドを共有するのは簡単なことなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました