寝る前に読書することで寝つきがよくなり質のよい睡眠になる

寝る前に読書することで寝つきがよくなり質のよい睡眠になる 睡眠
この記事は約2分で読めます。

寝る前の効果的なルーティンの重要性と、それがどのように身体を睡眠に備えるのに役立つかについて説明します。このルーティンは、歯磨き、入浴、瞑想など、いくつかのやることで作ることができます。

就寝前ルーティンの作り方

就寝前ルーティンの作り方
就寝前ルーティンの作り方

就寝前の最後の1時間を20分ごとに区切ってみましょう。最初の20分は、朝まで待てない用事を片付けるのに使います。2つ目は、歯を磨いたり、顔を洗ったり、お風呂に入ったりと、衛生面に重点を置きます。最後の20分間は、リラックスできることに集中します。本を読むのもよいでしょう。読書は、それ自体で眠くなることはありませんが、一日の悩みを紛らわすことができ、眠りやすくなります。

夜はノンフィクションよりもフィクションを読むほうがいいです。フィクションの場合、内省的になったり、頭を使ったりしないので、よりリラックスできます。ノンフィクションの場合は、より内省的で注意深い体験ができるのです。このほかにも、寝る前の物語を選ぶのに良いルールがいくつかあります。

刺激的な本は印象に残って楽しいかもしれませんが、退屈な本は早く眠れるようになります。感情を揺さぶるようなものは読まないようにしましょう。

寝る前の読書は、安眠に役立つだけでなく、それ以上の効果があるかもしれません。寝る前に本を読む人は収入も多く、より健康的な選択をし、人生観も豊かであることがわかりました。夜に本を読むことでリラックスでき、集中力が増し、睡眠が改善される傾向があり、本を読む人は読まない人に比べて、1週間に1時間半も多く眠っていました。

ブルーライトをカットすることで寝つきがよくなる

ブルーライトをカットすることで寝つきがよくなる
ブルーライトをカットすることで寝つきがよくなる

私たちが使っているスマートフォンやタブレット、ノートパソコンからはブルーライトが放射されています。太陽もブルーライトを発しているため、日中は本来問題なく、適切なタイミングで有益なこともあります。しかし、夜間にブルーライトを浴びると、睡眠ホルモンであるメラトニンの産生を抑制し、サーカディアンリズムを変化させ、長期的な健康問題につながる可能性があるのです。夜間にブルーライトを浴びる人は、睡眠の中断が多く、睡眠の質も低下する傾向があります。

スマートフォンや電子書籍で本を読むことの便利です。移動の際の持ち運びも電子書籍の方が楽です。しかし、紙の本はブルーライトを発しないから、昔ながらの本に変えるのは簡単な解決策となります。ブルーライトをカットするメガネを使えば、ベッドで電子機器を使って読書をしても、夜間のブルーライトに悩まされることはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました