ネガティブ思考からポジティブ思考へ変わるための行動と考え方

ネガティブ思考からポジティブ思考へ変わるための行動と考え方 メンタル
この記事は約4分で読めます。

ポジティブ思考な人は一緒にいて楽しいだけでなく、より健康で、学校での成績が良く、より優雅に年を取り、落ち込むことが少ないと言われています。

人は遺伝的にポジティブ思考だったりネガティブ思考だったりする傾向がありますが、ネガティブ思考な人が、考え方や見方を変えることで、よりポジティブな世界観にシフトすることは可能です。

ポジティブ思考になるための方法

ネガティブ思考ばかりではなく、いかにポジティブ思考になれるかについて紹介します。

もっと楽観的に考える

当たり前のように聞こえますが、ネガティブな思考に気づき、ポジティブな思考を身につけたいものですね。

ポジティブな人ならトラブルが起こった状況において、どのように対処するかを想像し、できるまでやってみるのです。

そうすることで、特定の状況に対する見方が変わるだけでなく、今後、よりポジティブで生産的な方法で状況に対応できるよう、脳が鍛えられます。

もっと笑うようにする

ユーモアのセンスを磨いて、明るくふるまうようにしましょう。

思い通りにならないことがあっても笑えるように訓練すれば、「自分はダメだ」というネガティブな思考から抜け出せるでしょう。

視点を与えてくれる人がいる

ネガティブな気持ちは伝染しますが、ポジティブな気持ちも伝染します

元気づけてくれる人、明るい面を見る手助けをしてくれる人に囲まれていれば、もっと強くなれるはずです。

解決策を重視する

ネガティブ思考な人は、問題点に焦点を当てる傾向がありますが、ポジティブ思考な人は解決策に焦点を当てます

困難に直面したとき、その難問を解決するための創造的な方法を考え出すように脳を訓練しましょう。

問題に注力すればするほど、問題は増幅されます。

問題を解決する方法を探すことで、ネガティブな感情にとらわれることなく、前へ進むことができます。

もっと悪くなる可能性があると認識する

悪い状況でも、もっと悪くなる可能性があることを認識して、明るい面を見るようにしましょう。

悪いことが起こると、ネガティブ思考な人はネガティブな感情を内面化する傾向がありますが、ポジティブ思考な人はもっと悪くなる可能性もあると認識しています。

物事は常にもっと悪くなる可能性があると認識することで、自分の頭から抜け出せるだけでなく、そうした「もっと悪い」状況に遭遇した人への共感も高まります。

挫折は一時的なものと思え

最初はうまくいかなくても、もう一度やってみましょう。

人生において誰もが困難に直面しますが、ポジティブ思考な人は挫折を一時的なものととらえ、ネガティブ思考な人は挫折をより深刻にとらえる傾向があり、その状態が永久に続くのではないかと思ってしまいます。

ニュースに接する時間を制限する

ニュースを見ることは、未来に対して前向きな気持ちになるためには、相対的に逆効果になります。

ニュースを見て不安になるようなら、チャンネルを変えましょう。

あるいは、全部消して、必要なときに必要なことを知ればいいと割り切りましょう。

ベストを期待する

ポジティブ思考な人は、物事が最善の方向に進むことを期待することを選択することで、心が作り出す苦しみを減らすことができます。

また、ポジティブ思考な人は他人の行動を個人的に受け止めないようにします。

人にはそれぞれのストーリーがあり、自分が狙っているわけではないことを認識することで、ネガティブ思考から解放され、より深い平和の感覚を味わうことができるようになるのです。

おわりに

例えば、今日が自分の人生に積極性を持ち込もうとする素晴らしい日だと考えることは、自分の考えから始まります。

自分の思考の癖を変えられると信じれば、きっと変えられるはずです。

視点を少し変えるだけで、より幸福で健康的な人生への道は大きく変わるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました